尾瀬散策で疲れた体をリフレッシュできる日帰り温泉

群馬県、新潟県、福島県にまたがる広大な湿原、尾瀬ヶ原。

南北2km東西6?の広い高原には木道が渡されていますが、雨が降ると歩きにくくなるなど、思ったほど楽ではありません。また、気温が平地よりも低いので意外と寒さを感じたりもします。
美しい風景や花に心を奪われて夢中で歩いているうちは疲れを感じませんが、帰途につく頃には脚が疲れたり体が寒くて縮こまってしまうこともあるかもしれません。

そんな時にはお湯につかってリフレッシュしましょう。

老神温泉にある湯元華亭では、片品渓谷沿いに本格的な日本庭園が広がり、その中に2つのお風呂の谷の湯、3つのお風呂の滝の湯があります。


春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々に楽しめ、ガラス張りの内風呂からも庭園が望めます。

広間兼食事処や、有料の個室でくつろぐこともできます。


戸倉温泉には村営施設の尾瀬ぷらり館があり、尾瀬の歴史や動植物等を学ぶことができるネイチャーセンターと、日帰り温泉戸倉の湯があり、露天風呂からは山が望めます。国道120号線沿いにある白根温泉にある薬師の湯も、100%源泉かけ流しの川石造りで風情があります。

あなたにぴったりのバスツアーについて知るならこのサイトです。

東北方面から尾瀬に来る人には、福島側の桧枝岐温泉が便利です。
檜枝岐村にあるアルザ尾瀬の郷では25mプールがあり水中運動用にプールフロアの設置されたレーンもあります。

All About情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

またプールゾーンには子供用プールやエアスライダーもあります。



木立の中の大露天風呂や、泡風呂、寝湯、打たせ湯もそろっていて、お得な料金で露天風呂のみの利用も可能です。